妊娠中には野菜を摂る

妊娠中の食事は果物も取り入れて

妊娠したら普段より意識した食事

妊娠すると赤ちゃんはお母さんの体から栄養分をもらって成長していきます。妊娠初期の胎児は脳や神経系を作る大切な時期です。この時期に葉酸という栄養素をしっかり摂ることで赤ちゃんの障害のリスクを下げることが出来ます。葉酸は多くの野菜に含まれている栄養素です。また、妊婦は貧血や便秘になることが多い特徴があります。食物繊維や鉄分の豊富な食材を使った食事が大切です。妊婦の期間は特に、普段よりも意識して栄養バランスを考えた食生活を送り、おなかの赤ちゃんをしっかりと育てることと自分の体を健康に保つことが大切です。様々な栄養をふくんだ野菜は妊婦にとってとても大切な食材です。

妊娠中に摂りたい食事とは

妊娠期の全期を通して、食事は母体と胎児の健康にとても深く関係しています。妊娠初期の各器官が作られる大事な時期にはちょうどつわりが重なったり、安定期を迎えてからは糖を摂りすぎないようにといったさまざまな制限と体調変化のもと、必要な栄養はできるだけ摂取していく必要があります。基本的に必要な栄養の他に、避けたいものでは保存料・着色料といった食品添加物やカフェインなど、小さな体の赤ちゃんには悪影響となるものがあります。つわりのつらい時期は別として、それ以外の時期には外食・お惣菜は控えるようにしましょう。

↑PAGE TOP