妊娠中の食事に魚を

妊娠中の食事は魚を食べよう

妊娠中は魚を食べましょう。

妊娠中の食事は、普段よりもたくさん魚を食べることが大切です。赤ちゃんがお母さんのおなかの中にいる間は、お母さんから赤ちゃんへと様々な栄養素が移動しており、カルシウムなどのミネラルも不足気味になっています。また、この時期に体重が増加してしまうお母さんが多いので、お肉をたくさん食べてしまうと不満の原因にもなってしまいます。妊娠中に効率よく、動物性のたんぱく質を摂取するためには、食事を魚中心に切り替えていく必要があります。この時期の食べ物に関しては、お母さんだけでなく、家族全員の協力が必要になってきます。

妊娠中の食事について

妊娠すると体には様々な変化が起こります。女性ホルモンの分泌量の変化によって不調も起こりやすいので、しっかりと食事を摂り、赤ちゃんへの栄養が行くように気にしながら生活する必要があります。赤ちゃんの成長に葉酸はとても大切な栄養素になるので、野菜を多く摂ること、納豆や豆腐などを積極的に食べること、また、おなかが大きくなると子宮に腸が圧迫され便秘になりがちなので、食物繊維が多いものも必要です。そして、妊娠中は体重が増えやすい傾向になるので、脂質や糖質を摂りすぎず和食を心がけることが理想です。ウォーキングなど適度な運動をしながら、栄養はしっかり摂るという生活を送ることが望ましいです。

↑PAGE TOP