妊娠中に果物も食べる

妊娠中の食事は果物も取り入れて

妊娠中に大切な栄養素

妊娠中は、さまざまな方面から母子ともに気を付けなければいけない期間です。その方法の一つとして、食事があります。産婦人科などで食事についての指導がありますが、大切な栄養素としては、葉酸がよく知られています。葉酸は細胞の再生や血液を造る働きなどがあります。妊娠初期は、受精後の細胞分裂が盛んな時期になるので特に必要な栄養素の一つといえます。また、出産後も母乳の生成に血液が必要になるので必要となります。また、葉酸と聞くと緑色の野菜を思い浮かべる方も多いですが、果物からも摂取することができます。それはイチゴです。もちろん、ブロッコリーや春菊などの野菜もありますが、野菜ばかりは苦手という方も、ぜひイチゴを食べてみるのもいいでしょう。

理想的な妊婦の食事とは?

妊娠中の食事については、基本的には1人分で十分です。つわりが終わった頃から、休息に食欲が増します。胎児も大きく成長する時ですが、特別妊婦がたくさん食べる必要はありません。ただ、よく加熱されたバランスの良い食事は心がけましょう。妊娠していることで、体内のホルモンバランスが乱れたり、胎児の成長とともにお腹が大きくなって便秘になりやすいと言われています。ですから、野菜や水分をたくさん摂取し、胎児の体を作る栄養に考慮したものがオススメです。2人分の量の多さではなく、2人分の栄養分として献立を考えましょう。

↑PAGE TOP