妊娠中の食事は肉を

肉料理の食事で妊娠中の注意点

妊娠時の食生活の注意点

妊娠をしたら、気になるのが日ごろ食べている食事はお腹の中の赤ちゃんにとってなんらかの影響を及ぼさないか、ということだと思います。妊娠をしている間の肉類で注意をすることは、生肉です。できる限り生の状態を食べることは避けた方が良いとされています。生の状態で食べると、中に含まれているトキソプラズマという細菌に感染し、ごくまれに胎児に影響が出る可能性あるともいわれています。食べる際は、ユッケなどの生の他にも、焼いた状態でもレアは避け、しっかりと熱を通して調理されたものを食べるようにしましょう。生ハムも注意が必要です。

食事の栄養管理が大切な時期

妊娠中は胎児を育てるという責任があるので、さまざまなことに慎重になります。毎日の食事の内容もその一つです。いかに栄養をたくさん摂ってお腹の赤ちゃんに送ってあげるか、お母さんたちはとても気にすることだと思います。産婦人科の医師にまず言われる栄養素が葉酸です。ほうれん草や小松菜など葉酸を多く含む食材を教えてもらえるので、妊娠初期は毎日積極的に食べることが薦められます。それでも1日に必要な量を摂取することは難しいので、お腹の赤ちゃんのためにも食事に加えてサプリメントで栄養素を摂取するといいと思います。

↑PAGE TOP